Interview

社員インタビュー03

営業部 平成27年4月入社
吉羽 大

近代商事では100社以上の商品を扱っています。
その中から自分が提案した商品が店舗に並び、
多くのお客様が買って行ってくださると思うと、
おもしろさとやりがいを感じます。

入社のきっかけは?

大学で就職活動を始めた時に、表には見えないところで社会を支えているような会社に入りたいと漠然と思い、広くいろいろな業界を検討していました。そんなときに、祖父の知り合いの紹介で知ったのが近代商事でした。
もともと家電は好きで学生の頃から家電量販店などによく行っていましたが、家電はメーカー様が直接販売しているものだと思っていたんです。しかし、実際は近代商事のような商社が間に入っていることを知り、商社の営業は面白そうだなと思い、この会社を受けました。

現在の仕事とは?

入社4年目の現在は、都内にある家電量販店様の店舗を数店舗担当しています。営業としてまだまだな部分はありますが、新商品を仕入れた時は、いち早く販売店様に情報をお届けしたり、積極的にお勧めしていくようにしています。同じ商品でも販売時期や売り場の条件によっても売れ方が違います。限られたスペースで、いかに一般のお客様が求めるものをご提案できるか、店舗ごとの特徴をつかみながら、売れる商品導入ができる営業マンになりたいと思っています。
最近は、教育係として新卒で入社してきた後輩に仕事を教えることもあります。自分が教えている後輩が失敗したりするのは自分のせいなので、教えながら改めて自分を振り返り、後輩がしっかり成長できるように考えながら指導しています。

仕事の大変さや面白さとは?

弊社では調理家電を中心に、暖房商品、美容商品など、100社以上の商品を扱っているため、最初はその商品情報を覚えるのが大変でした。カタログや資料を読み込んだり、商品情報をメーカー様に電話で問い合わせたりしながら勉強しました。今でも常に商品知識を身につけようと努力しています。とはいえ、身近な商品が多いので勉強していてもおもしろいです。仕事を始めてから自分の視野もとても広がったと思います。

職場の雰囲気や魅力とは?

仕事中はしっかりやっていても、定時を過ぎれば気軽に雑談をしたり、同じ方向の先輩とも「一緒に帰りましょうよ」と声をかけ合ったり、フレンドリーな雰囲気です。私が入社するまでは中途採用が多かったようですが、2017年は3名、2018年は2名と新卒採用も増えていて、同世代も多くなっています。
この会社は「やりたい!」といったら、基本なんでもやらせてくれますし、やりがいをもって仕事に臨めるいい会社だと思います。

1日のタイムスケジュール

8:30 出社 メールチェック、営業の準備
9:00 始業
9:30 外回りへ
10:00 店舗にて売り場作り、メンテナンス、提案など
11:00 次の店舗へ移動、途中で昼食をとる
13:00 1、2店舗回って、売り場作り、メンテナンス、提案など
17:00 帰社 メールチェック、翌日の準備など
18:00 退社