Interview

社員インタビュー02

営業部主任 平成23年9月入社
下井 正規

うちの会社は
同じ目標に向かっていくときのパワーがすごい!
そんな会社の一員として、お客様の信頼を得て、
どんなご要望にも応えられるような営業を目指しています。

入社のきっかけは?

元々は同業他社で営業をしていましたが、東日本大震災の影響を受けて勤めていた会社の業績が悪化、転職を考えていた時に、現在の上司に声をかけていただきました。
上司とは同じ販売店様に営業で入っていたのでよく知っていましたし、近代商事ならそれまでの営業としてのキャリアをそのまま生かすことができると思い、入社を決めました。

現在の仕事とは?

全国展開されている大手販売店様の都内エリアの営業フォロー、商談を中心に行っています。主任として現場営業の全体的な監督、取りまとめなどを行い、課長にその報告をするのが私の役目です。
営業をしていて一番うれしいのは、数字として結果がでたときですね。販売店様にも「これを発売してよかったよ」といわれると、ご提案してよかったなと思います。また、それまであまり成績がよくなかった販売店様の数字が、自分が担当したことで前年比から何%上がったなどと聞くと特にうれしい。販売店様と一緒に喜びを分かち合えるというのは、営業の醍醐味じゃないかと思います。

仕事をする上で大切にしていることは?

営業として大切なのは、お客様から信頼を得ること。そのために、「約束を守る」、「レスポンスを早くする」、「きめ細やかに対応する」といったことを心がけています。部下にもそういった点を指導しています。
世の中はとても多様化して、どんどん変わっています。今、近代商事ではモノを扱っていますが、この先はモノと一緒にサービスなど形のない部分も求められてくるかもしれません。そんなときにもお客様の要望に応えられるように、日頃から情報収集をしたり、専門的な知識を得るために資格取得をしたり、広い視野を持つように心がけています。

職場の雰囲気や魅力とは?

役職での上下関係はありますが、若い社員も言いたいことが言える環境です。ある意味、高校や大学のクラブのような雰囲気に近いかもしれません。チームで目標達成したら達成会を開いてみんなで喜びを分かち合ったり、売り上げが落ち込んだときは反省会をして、次につながるようなコミュニケーションの場を作っています。
それから、本社と地方の営業所のチームワークもいいですね。例えば、ある商品をどうしても売り上げたいから協力してほしいと呼びかけると、地方も一丸となって動いてくれました。2、3日後には次から次に売上報告が上がってきて、難しいと思っていた売上目標をものすごい勢いで達成したりするんです。そんなとき、この会社は、同じベクトルに向かったときのパワーがとても強い会社だなと感じます。

1日のタイムスケジュール

9:00 見積り、リスト、資料作成などのデスクワーク
12:00 昼食
13:00 外回り、店舗を回って商談や売り場のチェックなど
17:00 帰社、デスクワーク
18:00 退社